このページでは、JDK 1.6.0で追加された、TableRowSorterRowFilter関係のメモを集めて一覧にしています。

TableRowSorter RowFilter

TableRowSorterでJTableのソート

TableRowSorterでJTableのソート

JDK 6で導入された、TableRowSorterを利用して、JTableの行を降順、昇順にソートします。

TableRowSorterのソートをヘッダクリックで昇順、降順、初期状態に変更

TableRowSorterのソートをヘッダクリックで昇順、降順、初期状態に変更

JDK 6で導入されたTableRowSorterのソートを、TableSorter.javaのようにヘッダクリックで昇順、降順、初期状態に切り替わるように設定します。

RowFilterでJTableの行をフィルタリング

RowFilterでJTableの行をフィルタリング

JDK 6で導入されたTableRowSorterRowFilterを設定して、行のフィルタリングを行います。

RowFilterでJTableのページ分割

RowFilterでJTableのページ分割

JDK 6で導入されたRowFilterを使って、JTableの行をPagination風に分割して表示します。

JTableをソートした後の選択状態

JTableをソートした後の選択状態

JDK 6で導入されたRowSorterを使って、JTableをソートした場合、直前の選択状態がどう変化するかテストします。

JTableのRowFilterを一旦解除してソート

JTableのRowFilterを一旦解除してソート

JTableRowFilterを一旦解除してソートし、再びフィルタを設定することで表示される行を更新します。

JTableでソート中のカラムセル色

JTableでソート中のカラムセル色

どのカラムでソートされているかを表示するために、セルの背景色を変更します。

JTableにソートされないサマリー行を表示する

JTableにソートされないサマリー行を表示する

JTableの行をソートしても、常に最終行にサマリーを表示します。

TableRowSorterのSortKeysをクリアする

TableRowSorterのSortKeysをクリアする

JDK 6で導入されたTableRowSorterでの行ソートを、テーブルヘッダの「Shift+クリック」でクリアします。

JTableの列固定とソート

JTableの列固定とソート

列固定したJTableで、JDK 6で導入されたTableRowSorterを使った行ソートを行います。

↑10 ↓11

JTableのソートアイコンを変更

JTableのソートアイコンを変更

JTableのソートアイコンを非表示にしたり、別の画像に変更します。

JTableのRowSorterをフィルタありソート不可にする

JTableのRowSorterをフィルタありソート不可にする

フィルタありでソート不可のTableRowSorterを作成します。

JTableHeaderにJPopupMenuを追加してソート

JTableHeaderにJPopupMenuを追加してソート

JTableHeaderJPopupMenuを追加してソートします。

JTableでファイルとディレクトリを別々にソート

JTableでファイルとディレクトリを別々にソート

JTableでファイルとディレクトリを別々にソートし、ディレクトリが常に先頭になるように設定します。

JTableがデフォルトでソートする列を設定する

JTableがデフォルトでソートする列を設定する

JTableがデフォルトでソートする列とその方向を設定します。

JTableの検索結果をRowFilterとHighlighterで強調表示する

JTableの検索結果をRowFilterとHighlighterで強調表示する

JTableで正規表現による検索結果をRowFilterHighlighterを使用して表現します。

JTableの複数キーを使ったソートをヘッダに表示する

JTableの複数キーを使ったソートをヘッダに表示する

JTableの複数キーを使ったソートの状態をヘッダ上に別途表示します。

JTableのPaginationとSwingWorkerでの逐次読み込み

JTableのPaginationとSwingWorkerでの逐次読み込み

JTableRowFilterを使ったPaginationSwingWorkerでの逐次読み込みを行います。

JTableのモデルが更新された時にソートを行う

JTableのモデルが更新された時にソートを行う

JTableのモデルが更新された時にソートを行うように設定し、値の変更、行の追加などでの状態変化をテストします。

JTableのSortKeyを永続化し、ソート状態の保存と復元を行う

JTableのSortKeyを永続化し、ソート状態の保存と復元を行う

JTableSortKeyを永続化して、そのソート状態をXMLファイルで保存、復元できるように設定します。

↑20 ↓21

JTableのセルに設定した日付をRegexFilterでフィルタリングする

JTableのセルに設定した日付をRegexFilterでフィルタリングする

JTableのセルに設定した日付をRegexFilterなどでフィルタリングするテストを行います。

JTable内のチェックされた行のみ別のJTableに表示するフィルタを作成する

JTable内のチェックされた行のみ別のJTableに表示するフィルタを作成する

JTableの各行に配置したJCheckBoxが選択されている場合、その行を別のJTableに表示するRowFilterを作成します。