概要

JTableでファイルとディレクトリを別々にソートし、ディレクトリが常に先頭になるように設定します。

サンプルコード

// > dir /O:GN
// > ls --group-directories-first
class FileGroupComparator extends DefaultFileComparator {
  private static final long serialVersionUID = 1L;
  private final JTable table;
  public FileGroupComparator(JTable table, int column) {
    super(column);
    this.table = table;
  }
  @Override public int compare(File a, File b) {
    int flag = 1;
    List<? extends TableRowSorter.SortKey> keys = table.getRowSorter().getSortKeys();
    if (!keys.isEmpty()) {
      TableRowSorter.SortKey sortKey = keys.get(0);
      if (sortKey.getColumn() == column &&
          sortKey.getSortOrder() == SortOrder.DESCENDING) {
        flag = -1;
      }
    }
    if (a.isDirectory() && !b.isDirectory()) {
      return -1 * flag;
    } else if (!a.isDirectory() && b.isDirectory()) {
      return 1 * flag;
    } else {
      return super.compare(a, b);
    }
  }
}
view all

解説

上記のサンプルでは、JTableDrag & Dropで追加したファイルやディレクトリを以下の3種類のComparatorでソートが可能です。

  • Default
    • File#getName()で取得したファイル名Stringで比較
  • Directory < File
    • ファイル名より先に「ディレクトリ < ファイル」で比較するComparatorを設定
  • Group Sorting
    • 昇順の場合は「ディレクトリ < ファイル」、降順の場合は、「ディレクトリ > ファイル」として、常にディレクトリが優先されるComparatorを設定
    • ディレクトリ同士、ファイル同士の場合は、ファイル名で比較する
    • lsコマンドの--group-directories-firstオプションを付けた状態と同じソート

参考リンク

コメント