概要

JFileChooserを詳細表示モードで表示したとき、前回のファイル名編集が継続中の場合はそれをキャンセルします。

サンプルコード

JFileChooser fileChooser1 = new JFileChooser();
JButton button1 = new JButton("removeEditor");
button1.addActionListener(e -> {
  Optional.ofNullable(fileChooser.getActionMap().get("viewTypeDetails"))
    .ifPresent(a -> a.actionPerformed(null));
  stream(fileChooser1)
    .filter(JTable.class::isInstance).map(JTable.class::cast)
    .findFirst()
    .filter(JTable::isEditing).ifPresent(JTable::removeEditor);
  int retvalue = fileChooser1.showOpenDialog(getRootPane());
  if (retvalue == JFileChooser.APPROVE_OPTION) {
    append(log, fileChooser1.getSelectedFile().getAbsolutePath());
  }
});
view all

解説

  • default
    • JFileChooserの詳細表示モード(JTable)でファイルをマウスのダブルクリックで選択してダイアログを閉じた場合、次回JFileChooserを再表示するとファイル名セルの編集状態が継続している場合がある
    • 再現が不安定?なので、仕様ではなくバグなのかもしれない
  • removeEditor
    • JFileChooserを表示する前に子JTableを検索してJTable#removeEditor()メソッドを実行し、セルエディタを除去
    • sun.swing.FilePane#cancelEdit()メソッドが内部でdetailsTable.getCellEditor().cancelCellEditing();を実行して編集状態を解除しているが、プライベートなので使用しづらい

参考リンク

コメント