概要

JTableを追加したJViewportがセルで隠れていない部分の色を変更します。

スクリーンショット

TableBackground.png

サンプルコード

// JScrollPane scroll = new JScrollPane(table);
scroll.getViewport().add(table);
scroll.getViewport().setOpaque(true);
scroll.getViewport().setBackground(Color.WHITE);
// table.getParent().setBackground(Color.WHITE);
View in GitHub: Java, Kotlin

解説

上記のサンプルでは、背景色を不透明にするを選択して背景色を設定するとJViewportの背景色が変更されます。

  • このページのタイトルなどで「JTableの背景色」としている部分は実際はJTableの背景色ではなく、JTableを追加したJViewportがセルで隠れていない領域を表している
    • このため上記のスクリーンショットのように色をつけたい場合は、JTable自身の背景色を設定するのではなくJViewportの背景色を設定する必要がある
    • サンプルコードではJScrollPaneからJViewportを取得しているが、JTable#getParent()メソッドからもJViewportを取得可能
  •  JDK 1.6.0で追加されたJTable#setFillsViewportHeightメソッドを使用してJTableJViewportの高さまで拡張すれば、直接JTableの背景色を設定するだけで同様の状態になる
  • セルの背景色を変更する場合はTableCellRendererを使用する
  • ヘッダの背景色(カラムをマウスでドラッグ中に表示される)を変更する場合は、空のJViewportJScrollPaneのカラムヘッダに追加してその背景色を変更する
    scroll.setColumnHeader(new JViewport());
    //or scroll.setColumnHeaderView(new JLabel());
    scroll.getColumnHeader().setBackground(Color.RED);
    

参考リンク

コメント