概要

FontからTextLayoutGlyphVectorを生成して文字列の幅と高さを取得する方法をテストします。

スクリーンショット

Swing/StringBounds.png

サンプルコード

Font font = label.getFont();
FontRenderContext frc = label.getFontMetrics(font).getFontRenderContext();
append("Font#getStringBounds(...)", font.getStringBounds(txt, frc));

TextLayout layout = new TextLayout(txt, font, frc);
append("TextLayout#getBounds()", layout.getBounds());

GlyphVector gv = font.createGlyphVector(frc, txt);
append("GlyphVector#getPixelBounds(...)", gv.getPixelBounds(frc, 0, 0));
append("GlyphVector#getLogicalBounds()", gv.getLogicalBounds());
append("GlyphVector#getVisualBounds()", gv.getVisualBounds());
View in GitHub: Java, Kotlin

解説

  • Font#getStringBounds(...)
    • Font#getStringBounds(...) (Java Platform SE 8)
    • レディングを含む起点、アセント、有効幅、および高さの論理バウンド
    • 論理バウンドは常にすべてのテキストを含むとは限らない
      • たとえば言語やフォントによっては、アクセントのマークがアセントの上、またはディセントの下に来ることがある
  • TextLayout#getBounds()
    • TextLayout#getBounds() (Java Platform SE 8)
    • ラスター化のためTextLayoutによって描画されたピクセルがすべてこの境界内に収まるとは限らない
    • TextLayoutのアセント、ディセント、原点、または有効幅と完全には一致しない場合がある
  • GlyphVector#getPixelBounds(...)
  • GlyphVector#getLogicalBounds()
  • GlyphVector#getVisualBounds()
    • GlyphVector#getVisualBounds() (Java Platform SE 8)
    • このGlyphVectorの視覚境界(GlyphVectorの輪郭のバウンディング・ボックス)を返す
    • ラスター化やピクセル調整のため、このGlyphVectorの描画によって影響を受けるピクセルの一部がボックス内に納まらない場合がある
    • TextLayout#getBounds()と同等

  • JLabel#getPreferredSize()
    • JLabelのアイコンなどを含めた文字列の推奨サイズ
  • SwingUtilities.layoutCompoundLabel(...)

参考リンク

コメント