概要

JSplitPaneのディバイダをマウスのクリックなどで一気に展開、収納できるように設定します。

スクリーンショット

OneTouchExpandable.png

サンプルコード

JSplitPane splitPane = new JSplitPane(JSplitPane.VERTICAL_SPLIT, s1, s2);
splitPane.setOneTouchExpandable(true);
View in GitHub: Java, Kotlin

解説

上記のサンプルでは、JSplitPane#setOneTouchExpandable(true)を設定するとディバイダにJButtonが表示され、これらをマウスでクリックするとJSplitPaneの展開、収納ができます。

  • Java 1.5以降でJSplitPane#setDividerLocation(0);などとしてディバイダを収納状態にした場合、JSplitPane自体をリサイズすると収納されているコンポーネントの最小サイズ(setMinimumSize)まで展開される
  • 収納状態を維持したい場合、リフレクションを使ってBasicSplitPaneUI#setKeepHidden(true)メソッドを実行したりDividerに表示されているJButtonを取得実行する方法がある
  • HOMEキーやENDキー(F8キーなどでDividerにフォーカスを移動した状態で)を押して展開、収納する方法ではDivider中のJButtonを押して展開、収納した場合と動作が異なる
    • HOMEキー、ENDキーで展開、収納
      • 前回の状態に一旦戻らずに展開、収納される
      • JSplitPane自体をリサイズすると収納されているコンポーネントの最小サイズ(setMinimumSize)まで自動的に展開される
      • JSplitPane#getActionMap()#get("selectMin")などで取得できるActionではsetKeepHidden(boolean)が使われていない

参考リンク

コメント