概要

LookAndFeel一覧からNimbusLookAndFeelを名前で検索取得して使用します。Nimbus Look and Feel (The Java™ Tutorials > Creating a GUI With JFC/Swing > Modifying the Look and Feel)などのサンプルから引用しています。

スクリーンショット

NimbusLookAndFeel.png

サンプルコード

try {
  UIManager.setLookAndFeel("javax.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel");
  // // 以下はJDK 1.7.0 以前を考慮する必要がある場合の指定方法
  // for (UIManager.LookAndFeelInfo laf: UIManager.getInstalledLookAndFeels()) {
  //   if ("Nimbus".equals(laf.getName())) {
  //     UIManager.setLookAndFeel(laf.getClassName());
  //   }
  // }
} catch (ClassNotFoundException | InstantiationException
       | IllegalAccessException | UnsupportedLookAndFeelException ex) {
  ex.printStackTrace();
}
view all

解説

JDK 1.7.0NimbusLookAndFeelのパッケージが移動されて完全クラス名が変更されたので、JDK 1.6.0_10との互換性を考慮する場合は注意が必要です。

  • JDK 1.6.0_10: com.sun.java.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel
    • 一旦UIManager.getInstalledLookAndFeels()で全LookAndFeelInfoを取得し名前がNimbusとなっているLookAndFeelを検索してその完全クラス名を取得
  • JDK 1.7.0以降: javax.swing.plaf.nimbus.NimbusLookAndFeel
    • 完全クラス名からNimbusLookAndFeelのインスタンスを生成して設定

参考リンク

コメント