概要

JTableで選択されているすべてのセルを取得し、その値を一括で変更します。

サンプルコード

toggle = add("toggle");
toggle.addActionListener(e -> {
  JTable table = (JTable) getInvoker();
  for (int row: table.getSelectedRows()) {
    for (int col: table.getSelectedColumns()) {
      Boolean b = (Boolean) table.getValueAt(row, col);
      table.setValueAt(b ^= true, row, col);
    }
  }
});
view all

解説

上記のサンプルでは、JTable#getSelectedRows()メソッドですべての選択行インデックス、JTable#getSelectedColumns()メソッドですべての選択列インデックスを取得し、2forループで処理することで選択されたすべてのセルに対して値の変更を行っています。


Shiftキーを押しながらの範囲選択、Ctrlキーを押しながらの連続選択でセルの値が変更されないよう、以下のようにDefaultCellEditor#isCellEditable()メソッドをオーバーライドしています。

@see JTable.BooleanEditor
class BooleanEditor extends DefaultCellEditor {
  protected BooleanEditor() {
    super(new JCheckBox());
    JCheckBox check = (JCheckBox) getComponent();
    check.setHorizontalAlignment(SwingConstants.CENTER);
  }

  @Override public boolean isCellEditable(EventObject e) {
    if (e instanceof MouseEvent) {
      MouseEvent me = (MouseEvent) e;
      return !(me.isShiftDown() || me.isControlDown());
    }
    return super.isCellEditable(e);
  }
  // ...
}

参考リンク

コメント