概要

アプリケーションを起動した時、JToolBarが指定した位置にフローティング状態で配置されるように設定します。

サンプルコード

 EventQueue.invokeLater(() -> {
  Container w = getTopLevelAncestor();
  if (w instanceof Window) {
    Point pt = ((Window) w).getLocation();
    BasicToolBarUI ui = (BasicToolBarUI) toolbar.getUI();
    ui.setFloatingLocation(pt.x + 120, pt.y + 160);
    ui.setFloating(true, null);
  }
});
view all

解説

上記のサンプルでは、アプリケーションを起動した時点でJToolBarがフローティング状態になるように設定し、その表示位置を指定しています。

  • BasicToolBarUI#setFloating(boolean, Point)メソッドの引数Pointは、引数booleanfalseの場合のみBorderLayoutの東西南北どの位置にドックするかを調査するために使用される
  • フローティング状態のJToolBarから親Windowを取得し、直接Window#setLocation(...)でその位置を指定する方法もある
// ドッキング元のメインWindow
Window w = (Window) getTopLevelAncestor();
Point pt = w.getLocation();
// フローティング状態に移行
((BasicToolBarUI) toolbar.getUI()).setFloating(true, null);
// JToolBar(フローティング状態)のWindow
Container c = toolbar.getTopLevelAncestor();
if (c instanceof Window) {
  ((Window) c).setLocation(pt.x + 120, pt.y + 160);
}

参考リンク

コメント