概要

WindowsなどからファイルをJTableにドラッグ&ドロップします。

スクリーンショット

FileListFlavor.png

サンプルコード

final FileModel model = new FileModel();
final JTable table = new JTable(model);
DropTargetListener dtl = new DropTargetAdapter() {
  @Override public void dragOver(DropTargetDragEvent dtde) {
    if (dtde.isDataFlavorSupported(DataFlavor.javaFileListFlavor)) {
      dtde.acceptDrag(DnDConstants.ACTION_COPY);
      return;
    }
    dtde.rejectDrag();
  }

  @Override public void drop(DropTargetDropEvent dtde) {
    try {
      if (dtde.isDataFlavorSupported(DataFlavor.javaFileListFlavor)) {
        dtde.acceptDrop(DnDConstants.ACTION_COPY);
        Transferable transferable = dtde.getTransferable();
        List list = (List) transferable.getTransferData(
            DataFlavor.javaFileListFlavor);
        for (Object o: list) {
          if (o instanceof File) {
            File file = (File) o;
            model.addFileName(
                new FileName(file.getName(), file.getAbsolutePath()));
          }
        }
        dtde.dropComplete(true);
        return;
      }
    } catch (UnsupportedFlavorException | IOException ex) {
      ex.printStackTrace();
    }
    dtde.rejectDrop();
  }
};
new DropTarget(table, DnDConstants.ACTION_COPY, dtl, true);
view all

解説

上記のサンプルでは、Windowsのファイルエクスプローラなどからファイルを選択(複数選択可)、ドラッグ、JTable上にドロップで、ファイル名などを一覧表示できます。

ドロップされたDataFlavorDataFlavor.javaFileListFlavorの場合のみ、これをファイルとして処理するDropTargetListenerを作成しています。


参考リンク

コメント