概要

JFileChooserにファイルフィルタを追加します。

サンプルコード

JFileChooser fileChooser = new JFileChooser();
fileChooser.addChoosableFileFilter(new FileFilter() {
  @Override public boolean accept(File file) {
    if (file.isDirectory()) {
      return true;
    }
    return file.getName().toLowerCase().endsWith(".jpg");
  }
  @Override public String getDescription() {
    return "JPEGファイル(*.jpg)";
  }
});
view all

解説

上記のサンプルでは、フィルタを匿名インナークラスで書いていますが、複数のフィルタを追加する場合は、それぞれクラスを作ったほうがすっきり書けるかもしれません。


  • addChoosableFileFilter(FileFilter)メソッドを使うと、そのフィルタが現在選択されているフィルタになります。例えば「すべてのファイル」をデフォルト(選択された状態)に戻したい場合は、JFileChooser#getAcceptAllFileFilter()を再設定する -
  • JDK 7からJFileChooser#addChoosableFileFilter(...)内でJFileChooser#setFileFilter(...)を呼ばなくなった

// FileNameExtensionFilter(String description, String... extensions)
FileFilter filter = new FileNameExtensionFilter("JPEGファイル(*.jpg)", "jpg", "jpeg");
fileChooser.addChoosableFileFilter(filter);

参考リンク

コメント