概要

JTableの列にEnumSetを設定し、その状態をJCheckBoxを使ったレンダラーで表示します。

サンプルコード

enum Permissions { EXECUTE, WRITE, READ }

Object[][] data = {
  {"owner", EnumSet.allOf(Permissions.class)},
  {"group", EnumSet.of(Permissions.READ)},
  {"other", EnumSet.noneOf(Permissions.class)}
};

// ...
class CheckBoxesEditor extends CheckBoxesPanel implements TableCellEditor {
  @Override public Object getCellEditorValue() {
    Set<Permissions> f = EnumSet.noneOf(Permissions.class);
    if (buttons[0].isSelected()) f.add(Permissions.READ);
    if (buttons[1].isSelected()) f.add(Permissions.WRITE);
    if (buttons[2].isSelected()) f.add(Permissions.EXECUTE);
    return f;
  }
  // ...
view all

解説

上記のサンプルでは、JTableのCellにJCheckBoxを複数配置すると同様にパーミッション(第1列目)にJCheckBox3つ配置したJPanelで作成したセルレンダラーで表現していますが、モデルのデータはビットフラグではなくEnumSetを使用するように変更しています。

参考リンク

コメント