概要

BufferedImageからカーソルオブジェクトを作成し、これをコンポーネントに設定します。

サンプルコード

BufferedImage bi = new BufferedImage(32, 32, BufferedImage.TYPE_INT_ARGB);
Graphics2D g2 = bi.createGraphics();
g2.setPaint(Color.RED);
g2.drawOval(8, 8, 16, 16);
g2.dispose();
button.setCursor(getToolkit().createCustomCursor(bi, new Point(16, 16), "oval"));
view all

解説

上記のサンプルでは、サイズが32x32BufferedImageからToolkit#createCustomCursor(...)メソッドを使用してホットスポットはそのBufferedImageの中心に設定したカーソルオブジェクトを作成しています。

  • String: BufferedImageに文字を描画
  • drawOval: BufferedImageに円を描画
  • paintIcon: BufferedImageIconを描画

参考リンク

コメント