概要

JTableのモデルから、カラムヘッダの状態は変更せず、すべての行を一括で削除します。

サンプルコード

button.addActionListener(new AbstractAction("clear") {
  @Override public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    DefaultTableModel model = (DefaultTableModel) table.getModel();
    model.setRowCount(0);
  }
});
view all

解説

  • TableModelDefaultTableModelを継承している場合、model.setRowCount(0)ですべての行が削除可能
  • 空のTableModelJTableに設定すれば行の全削除を行うことが可能だが、ヘッダモデルの再作成が発生しカラム幅や順番などが初期化されてしまう
    • JTable#setAutoCreateColumnsFromModel(false)とカラムをモデルから自動生成しないようにしておけば、TableModelを入れ替えても列幅などは保存される
      table.setAutoCreateColumnsFromModel(false);
      table.setModel(new DefaultTableModel());
      

  • DefaultTableModelを継承していない場合は、モデルに以下の要領(詳細はDefaultTableModel.javaのソースを参照)で行を全削除するメソッドを実装する必要がある
    public void clear() {
      // 以下のdataVectorは実装に合わせて変更する
      int size = dataVector.size();
      dataVector.clear();
      fireTableRowsDeleted(0, size - 1);
      // fireTableDataChanged();
    }
    

参考リンク

コメント