概要

JFrameJDialogなどのWindowがスクリーンの中央に配置されるように設定します。

サンプルコード

JFrame frame = new JFrame("フレームをスクリーン中央に表示");
frame.setDefaultCloseOperation(WindowConstants.EXIT_ON_CLOSE);
frame.getContentPane().add(new MainPanel());
frame.pack();
frame.setLocationRelativeTo(null);
// 以下は自前で位置を計算する場合
// Rectangle screen = frame.getGraphicsConfiguration().getBounds();
// frame.setLocation(screen.x + screen.width  / 2 - frame.getSize().width  / 2,
//                   screen.y + screen.height / 2 - frame.getSize().height / 2);
frame.setVisible(true);
view all

解説

Window#setLocationRelativeTo(Component)メソッドで引数で指定した基準となるコンポーネントをnullにした場合、JFrameは画面中央に配置されます。

  • JFrameの左上隅座標を計算してJFrame#setLocation(...)メソッドを使用し、JFrameを画面中央に配置する方法もある
    Rectangle screen = frame.getGraphicsConfiguration().getBounds();
    frame.setLocation(
      screen.x + screen.width / 2 - frame.getSize().width / 2,
      screen.y + screen.height / 2 - frame.getSize().height / 2);
    
  • どちらの場合も、フレームをpack()、もしくはsetSize(int, int)JFrameのサイズを設定した後で実行する必要がある

コメント