概要

JTreeのノードに設定したAnimated GIFImageIconがアニメーションを行えるようにImageObserverを設定します。

スクリーンショット

AnimatedTreeNode.png

サンプルコード

TreePath path = new TreePath(s1.getPath());
// icon.setImageObserver(new ImageObserver() {
//   @Override public boolean imageUpdate(Image img, int infoflags, ...) {
icon.setImageObserver((img, infoflags, x, y, w, h) -> {
  if (!tree.isShowing()) {
    return false;
  }
  Rectangle cellRect = tree.getPathBounds(path);
  if ((infoflags & (FRAMEBITS | ALLBITS)) != 0 && Objects.nonNull(cellRect)) {
    tree.repaint(cellRect);
  }
  return (infoflags & (ALLBITS | ABORT)) == 0;
});
view all

解説

  • Default
    • DefaultMutableTreeNodeUserObjectとしてAnimated GIF画像から生成したImageIconを設定し、これをDefaultTreeCellRenderer#setIcon(...)でノードに表示
    • 自動的に再描画されないためアニメーションが正常に行われない
  • setImageObserver
    • 同様に設定したImageIconsetImageObserver(ImageObserver)メソッドでImageObserverを追加し、正常にアニメーションが行えるように画像の更新に合わせてJTree#repaint(Rectangle)でノードを再描画
    • 再描画する領域は対象のノードのみになるようJTree.getPathBounds(TreePath)で取得される領域に制限

参考リンク

コメント