概要

JTreeのインデント量を指定して子ノードが描画される位置を変更します。

サンプルコード

UIManager.put("Tree.leftChildIndent", 0);
UIManager.put("Tree.rightChildIndent", 0);
view all

解説

上記のサンプルでは、JTreeの以下の2つインデント量をUIManager.put(...)で指定して、子ノードが描画される位置を変更するテストを行っています。

  • Tree.leftChildIndent
    • 親ノードの左端と垂直破線が描画される位置の間隔
  • Tree.rightChildIndent
    • 垂直破線から子ノードが描画される位置の間隔

Tree.leftChildIndentTree.rightChildIndentの合計から子ノードのインデント量になるので、この合計が0になるように設定すると、JListのようなJTreeを作成することができます。

参考リンク

コメント