概要

ツールチップ(ツールヒント)表示の有無をToolTipManagerで切り替えます。

スクリーンショット

ToolTipManager.png

サンプルコード

ToolTipManager.sharedInstance().setEnabled(true);
View in GitHub: Java, Kotlin

解説

上記のサンプルでは、JButton#setToolTipText(...)でボタンにツールチップテキストを設定し、表示するかどうかをToolTipManagerを使って切り替えています。

  • コンポーネントにsetToolTipText(...)メソッドでnull以外が設定された場合「ツールチップ表示する」がデフォルト
  • ToolTipManagerはアプリケーション全体でのツールチップの表示時間、表示までの遅延時間などが設定可能
  • ToolTipManager.sharedInstance().unregisterComponent(c)で特定のコンポーネントcToolTipManagerから削除可能
    • 削除後はsetToolTipText(...)でテキストが設定されている場合でもツールチップは表示不可となる

参考リンク

コメント