概要

JToolTipの表示モードをすべてのウィンドウで有効にする、またはアクティブなウィンドウのみに限定するで切り替えます。

サンプルコード

private static final String TOOLTIP_MODE = "ToolTipManager.enableToolTipMode";
// ...
String allWindows = "allWindows";
JRadioButton radio1 = new JRadioButton(allWindows, Objects.equals(allWindows, mode));
radio1.setToolTipText("ToolTip: " + allWindows);
radio1.addItemListener(e -> UIManager.put(TOOLTIP_MODE, allWindows));

String activeApplication = "activeApplication";
JRadioButton radio2 = new JRadioButton(activeApplication, Objects.equals(activeApplication, mode));
radio2.setToolTipText("ToolTip: " + activeApplication);
radio2.addItemListener(e -> UIManager.put(TOOLTIP_MODE, activeApplication));
view all

解説

  • allWindows
    • JFrameなどのウィンドウがアクティブかどうかにかかわらず、ツールチップは有効
    • デフォルトはこのallWindowsBasicLookAndFeelなどの初期値
  • activeApplication
    • JFrameなどのウィンドウがアクティブな場合のみ、ツールチップは有効
    • MetalLookAndFeelWindowsLookAndFeelの初期値

  • ツールチップを表示する前にToolTipManager#showTipWindow()で毎回UIManager.getString("ToolTipManager.enableToolTipMode")activeApplicationかを確認しているので、値の変更はすぐに有効になる
  • activeApplicationかどうかを確認しているだけなので、nullなどを設定するとデフォルトのallWindowsになる
// @see javax/swing/ToolTipManager.java
String mode = UIManager.getString("ToolTipManager.enableToolTipMode");
if ("activeApplication".equals(mode)) {
  KeyboardFocusManager kfm = KeyboardFocusManager.getCurrentKeyboardFocusManager();
  if (kfm.getFocusedWindow() == null) {
    return;
  }
}

参考リンク

コメント