概要

Base64エンコーダで画像ファイルを文字列、デコーダで文字列をImageIconに変換します。

サンプルコード

JButton encode = new JButton("encode");
encode.addActionListener(e -> {
  JFileChooser chooser = new JFileChooser();
  chooser.addChoosableFileFilter(
      new FileNameExtensionFilter("PNG (*.png)", "png"));
  int retvalue = chooser.showOpenDialog(encode);
  if (retvalue == JFileChooser.APPROVE_OPTION) {
    Path path = chooser.getSelectedFile().toPath();
    try {
      textArea.setText(
          Base64.getEncoder().encodeToString(Files.readAllBytes(path)));
    } catch (IOException ex) {
      ex.printStackTrace();
    }
  }
});

JButton decode = new JButton("decode");
decode.addActionListener(e -> {
  String b64 = textArea.getText();
  if (b64.isEmpty()) {
    return;
  }
  try (InputStream is = new ByteArrayInputStream(
          Base64.getDecoder().decode(b64.getBytes(StandardCharsets.ISO_8859_1)))) {
    label.setIcon(new ImageIcon(ImageIO.read(is)));
  } catch (IOException ex) {
    ex.printStackTrace();
  }
});
view all

解説

上記のサンプルでは、JDK 1.8.0から導入されたBase64クラスを使用して、画像ファイルのBase64形式文字列へのエンコードや、Base64形式文字列からbyte配列へのデコードを行っています。

  • encode
    • JFileChooserで選択した画像(PNG)ファイルをBase64.EncoderencodeToString(...)メソッドで文字列に変換してJTextAreaに設定
    • ファイルのbyte[]への変換にはFiles.readAllBytes(...)メソッドを使用
  • decode
    • JTextAreaから取得した文字列をBase64.Decoderdecode(...)メソッドでbyte配列に変換、さらにnew ImageIcon(ImageIO.read(new ByteArrayInputStream(byte[])))ImageIconに変換してJLabelに設定
    • 文字列のbyte[]への変換にはString#getBytes(StandardCharsets.ISO_8859_1)メソッドを使用

参考リンク

コメント