概要

WindowsLookAndFeelを使用する環境でJMenuItemJButtonなどに設定したMnemonicの下線を常に表示するよう設定します。

サンプルコード

showMnemonicsCheck.setSelected(UIManager.getBoolean("Button.showMnemonics"));
showMnemonicsCheck.setMnemonic('B');
showMnemonicsCheck.addActionListener(e -> {
  UIManager.put("Button.showMnemonics", ((JCheckBox) e.getSource()).isSelected());
  if (UIManager.getLookAndFeel() instanceof WindowsLookAndFeel) {
    WindowsLookAndFeel.setMnemonicHidden(true);
    SwingUtilities.getRoot(showMnemonicsCheck).repaint();
  }
});
view all

解説

上記のサンプルでは、Mnemonicを設定したJMenuItemで下線の表示方法の切り替えをテストしています。

  • UIManager.put("Button.showMnemonics", false);
    • WindowsLookAndFeelの場合、Mnemonicの下線が非表示になる
      • その他のLookAndFeelでは、この設定は無効
      • この場合でも、Altキーを押すとWindowsLookAndFeel.setMnemonicHidden(false);となって、下線は表示される
    • デフォルト
      • 例えばWindows 10の場合、「コントロール パネル\コンピューターの簡単操作\コンピューターの簡単操作センター\キーボードを使いやすくします」の「ショートカット キーとアクセス キーに下線を表示します」のチェックに対応
    • WindowsLookAndFeelでチェックボックスで切り替えを行う際、WindowsLookAndFeel.setMnemonicHidden(true);で一旦下線を非表示にしてからJFrame全体を再描画している
  • UIManager.put("Button.showMnemonics", true);
    • WindowsLookAndFeelの場合でも、Mnemonicの下線が常に表示状態になる

参考リンク

コメント