概要

ProgressMonitorのダイアログが表示されるまでの待ち時間を設定します。

サンプルコード

monitor = new ProgressMonitor(w, "message", "note", 0, 100);
monitor.setMillisToDecideToPopup((int) millisToDecideToPopup.getValue());
monitor.setMillisToPopup((int) millisToPopup.getValue());
view all

解説

  • ProgressMonitor#setMillisToDecideToPopup(int)
    • ProgressMonitorのダイアログを表示するかどうかを決めるまでの待ち時間を設定
    • デフォルト: 500ミリ秒
    • この待ち時間が経過するまでProgressMonitorのダイアログは表示されない
      • ProgressMonitorで使用するJProgressBarnullでない場合(ProgressMonitorを使い回ししてProgressMonitor#close()されていないなど)は、無視してダイアログが表示される場合がある
  • ProgressMonitor#setMillisToPopup(int)
    • ProgressMonitorのダイアログが表示されるまでの待ち時間を設定
    • デフォルト: 2000ミリ秒
    • 予想残り時間がこの時間より短い場合、ダイアログは表示されない
      • 予想残り時間は、JProgressBarの進捗状況(パーセント)と処理開始からの時間で計算される
    • ProgressMonitor#getMillisToDecideToPopup()からの待ち時間ではなく独立している(処理開始からの待ち時間になる)
      • ProgressMonitor#getMillisToDecideToPopup()以下の場合は、その直後にダイアログが表示される

参考リンク

コメント