概要

JSliderの最小・最大値とは別に、マウスドラッグによる値の変更可能範囲を制限します。

サンプルコード

class MetalDragLimitedSliderUI extends MetalSliderUI {
  @Override protected TrackListener createTrackListener(JSlider slider) {
    return new TrackListener() {
      @Override public void mouseDragged(MouseEvent e) {
        //case HORIZONTAL:
        int halfThumbWidth = thumbRect.width / 2;
        int thumbLeft = e.getX() - offset;
        int maxPos = xPositionForValue(MAXI) - halfThumbWidth;
        if (thumbLeft > maxPos) {
          int x = maxPos + offset;
          MouseEvent me = new MouseEvent(
            e.getComponent(), e.getID(), e.getWhen(), e.getModifiers(),
            x, e.getY(),
            e.getXOnScreen(), e.getYOnScreen(),
            e.getClickCount(), e.isPopupTrigger(), e.getButton());
          e.consume();
          super.mouseDragged(me);
        } else {
          super.mouseDragged(e);
        }
      }
    };
  }
}
view all

解説

上記のサンプルでは、最小値0、最大値100の目盛りを持つJSliderを作成し、その目盛りの範囲とは別に、取りうる値を制限するようにリスナーを設定しています。

  • ChangeListener
    • JSliderBoundedRangeModelChangeListenerを追加し、80以上の値を指定できないように設定
    • マウスドラッグで100まで移動すると、リリースした時点で80まで戻る
  • TrackListener
    • 上のChangeListenerに加えて、MetalSliderUI#createTrackListener(...)をオーバーライドし、独自のTrackListenerを設定して、マウスドラッグで80以上に移動できないように制限
    • TrackListenerは、MouseMotionListenerを実装しているので、mouseDragged(...)メソッドをオーバーライドし、80以上へのMouseEventconsume()メソッドで消費して無効化

参考リンク

コメント