概要

ColorConvertOpを使って画像をグレースケールに変換します。

サンプルコード

Image img = icon1.getImage();
BufferedImage source = new BufferedImage(
    img.getWidth(this), img.getHeight(this),
    BufferedImage.TYPE_INT_ARGB);
Graphics g = source.createGraphics();
g.drawImage(img, 0, 0, this);
g.dispose();
ColorConvertOp colorConvert = new ColorConvertOp(
    ColorSpace.getInstance(ColorSpace.CS_GRAY), null);
BufferedImage destination = colorConvert.filter(source, null);
icon2 = new ImageIcon(destination);
view all

解説

用意したアイコンから、BufferedImageを作成し、これをColorConvertOp#filterメソッドを使ってグレースケールに変換しています。

上記のサンプルでは、各JLabelをクリックするとIconとして表示されている元画像とグレースケール画像とが切り替わるようになっています。


以下のようにGrayFilter.createDisabledImageを使った場合よりきれいに変換できるようです。

icon2 = new ImageIcon(GrayFilter.createDisabledImage(img));

GrayFilterの代わりに、以下のようなRGBImageFilterを継承したフィルタを使う方法もあります。

class MyGrayFilter extends RGBImageFilter {
  public int filterRGB(int x, int y, int argb) {
    //int a = (argb >> 24) & 0xff;
    int r = (argb >> 16) & 0xff;
    int g = (argb >>  8) & 0xff;
    int b = (argb      ) & 0xff;
    //http://ofo.jp/osakana/cgtips/grayscale.phtml
    int m = (2 * r + 4 * g + b) / 7; //NTSC Coefficients
    return (argb & 0xff000000) | (m<<16) | (m<<8) | (m);
  }
}
//...
ImageProducer ip = new FilteredImageSource(img.getSource(), new MyGrayFilter());
icon2 = new ImageIcon(Toolkit.getDefaultToolkit().createImage(ip));

BufferedImage.TYPE_BYTE_GRAYで、BufferedImageを作成して複写してもグレースケールに変換できますが、透過色を使用している場合はすこし注意が必要なようです(参考: Swing - Color to Grayscale to Binary)。

BufferedImage bi = new BufferedImage(w, h, BufferedImage.TYPE_BYTE_GRAY);
Graphics g = bi.createGraphics();
//g.setColor(Color.WHITE);
g.fillRect(0, 0, w, h); // pre-fill: alpha
g.drawImage(img, 0, 0, this);
g.dispose();

参考リンク

コメント

  • リンクを参考にしてRGBImageFilterを使うサンプルを修正しました。 -- aterai
  • グレイスケールからグレースケールに変更。 -- aterai