概要

JToolBarが移動可能な場合にBorderとして表示されるドラッグアイコンを変更します。

スクリーンショット

Swing/ToolBarBorder.png

サンプルコード

class ToolBarDragBorder extends MetalBorders.ToolBarBorder {
  private static final Icon DRAG_ICON = new ToolBarDragIcon();

  @Override public void paintBorder(Component c, Graphics g, int x, int y, int w, int h) {
    if (!(c instanceof JToolBar)) {
      return;
    }
    JToolBar tb = (JToolBar) c;
    if (tb.isFloatable()) {
      if (tb.getOrientation() == HORIZONTAL) {
        int cy = (h - DRAG_ICON.getIconHeight()) / 2;
        DRAG_ICON.paintIcon(c, g, x, y + cy);
      } else { // vertical
        super.paintBorder(c, g, x, y, w, h);
      }
    }
  }
}

class ToolBarDragIcon implements Icon {
  @Override public void paintIcon(Component c, Graphics g, int x, int y) {
    Graphics2D g2 = (Graphics2D) g.create();
    g2.translate(x, y);
    g2.setPaint(Color.GRAY);
    int x2 = getIconWidth() / 2 - 1;
    int y2 = getIconHeight() / 2 - 1;
    g2.fillRect(x2, y2 - 6, 2, 2);
    g2.fillRect(x2, y2 - 2, 2, 2);
    g2.fillRect(x2, y2 + 2, 2, 2);
    g2.fillRect(x2, y2 + 6, 2, 2);
    g2.dispose();
  }

  @Override public int getIconWidth() {
    return 14;
  }

  @Override public int getIconHeight() {
    return 16;
  }
}
View in GitHub: Java, Kotlin

解説

  • 下:
    • デフォルト
    • ツールバーのドラッグ用アイコンはLookAndFeel依存
    • UIManager.put("ToolBar.border", ...)などで変更可能
    • WindowsLookAndFeelではJToolBarの余白をどこでもドラッグして移動可能だが、MetalLookAndFeelではドラッグ用アイコン上のみドラッグ可能
      • ただしそのドラッグ可能領域の幅はMetalToolBarUI.MetalDockingListener14pxにハードコーディングされているため、MetalBorders.ToolBarBorder#getBorderInsets(...)をオーバーライドしても領域の幅などは変更されない
  • 上:
    • MetalBorders.ToolBarBorderpaintBorder(...)メソッドをオーバーライドしてツールバーの方向が水平の場合、ドラッグ用の独自アイコン(4点)を描画
    • JToolBar#getComponentOrientation()#isLeftToRight() == falseの場合に未対応
    • ツールバーの方向が垂直の場合は元のMetalLookAndFeelToolBarBorderを使用

参考リンク

コメント