概要

JTabbedPaneのタブにMnemonicを追加します。

スクリーンショット

TabMnemonic.png

サンプルコード

JTabbedPane tab = new JTabbedPane();
tab.addTab("Label", new JLabel("label"));
tab.setMnemonicAt(0, KeyEvent.VK_L);
tab.setDisplayedMnemonicIndexAt(0, 0);

tab.addTab("Tree", new JScrollPane(new JTree()));
tab.setMnemonicAt(1, KeyEvent.VK_T);
tab.setDisplayedMnemonicIndexAt(1, 0);

tab.addTab("TextField", new JTextField("field"));
tab.setMnemonicAt(2, KeyEvent.VK_F);
tab.setDisplayedMnemonicIndexAt(2, 4);

tab.addTab("Button", new JButton("button"));
tab.setMnemonicAt(3, KeyEvent.VK_B);
tab.setDisplayedMnemonicIndexAt(3, 0);
View in GitHub: Java, Kotlin

解説

上記のサンプルコードは、JTabbedPane3番目のタブにJTabbedPane#setMnemonicAt(3, KeyEvent.VK_B)メソッドを使用してMnemonicを設定し、Alt+Bキーの入力でそのタブへのフォーカス移動を可能にしています。

  • タブタイトルの先頭文字(B)にアンダーラインが入るようにJTabbedPane#setDisplayedMnemonicIndexAt(...)メソッドで設定
  • JDK 6以降でタブタイトルにComponentを使用している場合はJTabbedPane#setDisplayedMnemonicIndexAt(...)メソッドを使用してもMnemonicにアンダーラインは表示されない
    • 以下のように追加するコンポーネント側でアンダーラインを表示するための設定が必要
      int index = tab.getTabCount();
      String tabTitle = "label(0)";
      JPanel p = new JPanel(new BorderLayout());
      JLabel label = new JLabel(tabTitle);
      JButton button = new JButton("x");
      p.add(label,  BorderLayout.WEST);
      p.add(button, BorderLayout.EAST);
      tab.addTab(tabTitle, new JTree());
      tab.setTabComponentAt(index, p);
      tab.setMnemonicAt(index, KeyEvent.VK_0);
      label.setDisplayedMnemonic(KeyEvent.VK_0);
      

参考リンク

コメント