このページでは、JComponent共通、JNLP Service、イベントに関する記事を一覧にしています。

Others

JComponentのKeyBinding一覧を取得する

JComponentのKeyBinding一覧を取得する

JComponentから、ActionMapInputMapを取得し、KeyBindingの一覧表を作成します。

ClassLoaderでリソース(URL)を取得

ClassLoaderでリソース(URL)を取得

クラスパスからのエントリ(相対パス風)を使って、ClassLoaderからURLを取得します。

SingleInstanceServiceを使ってWeb Startアプリケーションの重複起動を禁止

SingleInstanceServiceを使ってWeb Startアプリケーションの重複起動を禁止

ServerSocketを使ってポートをロック代わりに使用し、アプリケーションの複数起動を禁止します。

ServerSocketを使ってアプリケーションの複数起動を禁止

ServerSocketを使ってアプリケーションの複数起動を禁止

SingleInstanceServiceを使って、Web Startアプリケーションの重複起動を禁止したり、引数の取得を行います。

Desktopでブラウザを起動

Desktopでブラウザを起動

JDK 6で導入されたDesktopを使ってブラウザを起動します。

Browserを起動

Browserを起動

ラベル上のURLがクリックされるとBrowserを起動します。

TimeZoneによる日付表示の変換

TimeZoneによる日付表示の変換

TimeZoneなどを使って、日付の表示を変換します。

EventListenerを実装して独自イベント作成

EventListenerを実装して独自イベント作成

イベント(イベントオブジェクト、イベントリスナー、イベントソース)を新たに作成し、これを使用します。

AWTEventを取得して入力イベントを監視

AWTEventを取得して入力イベントを監視

AWTEventを取得して、マウスやキーボードの入力イベントを監視します。

JComponentの表示状態

JComponentの表示状態

JComponentの表示状態が切り替わった時、そのisDisplayableisShowingisVisibleメソッドが返す値をテストします。

↑10 ↓11

DesktopPropertyの変更を監視する

DesktopPropertyの変更を監視する

ToolkitPropertyChangeListenerを追加して、ダブルクリックの速度などの変更を監視します。

Clipboardから文字列や画像を取得する

Clipboardから文字列や画像を取得する

Clipboardから文字列や画像データを取得し、JLabelに表示します。

JFrameの位置・サイズを記憶する

JFrameの位置・サイズを記憶する

Preferences(レジストリなど)に、フレーム(パネル)のサイズ、位置を記憶します。

PersistenceServiceを使ってJFrameの位置・サイズを記憶

PersistenceServiceを使ってJFrameの位置・サイズを記憶

ServiceManagerからPersistenceServiceを取得し、JFrameなどの位置・サイズの保存、呼び出しを行います。

MnemonicをクリアしてJButtonを初期状態に戻す

MnemonicをクリアしてJButtonを初期状態に戻す

JButtonに設定されたMnemonicをクリアして初期状態に戻します。

JRootPaneの背景として画像を表示

JRootPaneの背景として画像を表示

JRootPaneの背景として画像を表示しています。

NimbusLookAndFeelでJComponentのサイズを変更する

NimbusLookAndFeelでJComponentのサイズを変更する

NimbusLookAndFeelを使用している場合、クライアントプロパティを設定することでJComponentの表示サイズを変更することが出来ます。

ToolkitからScreenResolutionを取得し、コンポーネントで使用するフォントの倍率を変更する

ToolkitからScreenResolutionを取得し、コンポーネントで使用するフォントの倍率を変更する

ディスプレイの解像度の設定によってパネルの初期サイズ、フォントサイズ、行の高さなどを変更するテストを行います。

SecondaryLoopを使用してイベント・ディスパッチ・スレッド上で別途イベント・ループを実行する

SecondaryLoopを使用してイベント・ディスパッチ・スレッド上で別途イベント・ループを実行する

SecondaryLoopを使用して、イベント・ディスパッチ・スレッドをブロックせずに、別スレッドをイベント・ループを実行します。

JCheckBoxの選択状態をBigIntegerで記憶し、UndoManagerを使用して元に戻したりやり直したりする

JCheckBoxの選択状態をBigIntegerで記憶し、UndoManagerを使用して元に戻したりやり直したりする

複数のJCheckBoxの選択状態をBigIntegerで記憶し、UndoManagerを使用してアンドゥ・リドゥを行います。