このページでは、LookAndFeelやシステム環境に関係するメモを一覧にしています。

LookAndFeel

LookAndFeelの一覧を取得する

LookAndFeelの一覧を取得する

インストールされているLookAndFeelの一覧を取得し、これらを切り替えるためのメニューバーを作成します。

Look and Feel の変更

Look and Feelの変更

メニューバーから選択したLook and Feelを起動中のアプリケーションに適用します。

LookAndFeelの変更を取得する

LookAndFeelの変更を取得する

LookAndFeelの変更を取得するリスナーの作成などを行います。

NimbusLookAndFeelを使用する

NimbusLookAndFeelを使用する

LookAndFeel一覧からNimbusLookAndFeelを名前で検索取得して使用します。

SystemColorの使用

SystemColorの使用

システムカラーを利用し、デスクトップデザインの配色に合わせて、Swingコンポーネントの色を決めます。

JComponentのKeyBinding一覧を取得する

JComponentのKeyBinding一覧を取得する

JComponentから、ActionMapInputMapを取得し、KeyBindingの一覧表を作成します。

DesktopPropertyの変更を監視する

DesktopPropertyの変更を監視する

ToolkitPropertyChangeListenerを追加して、ダブルクリックの速度などの変更を監視します。

AuxiliaryLookAndFeelを追加する

AuxiliaryLookAndFeelを追加する

AuxiliaryLookAndFeelを追加して、WindowsLookAndFeelの場合の動作を変更します。

NimbusLookAndFeelのカラーパレット

NimbusLookAndFeelのカラーパレット

NimbusLookAndFeelのカラーパレットを変更します。

MetalLookAndFeelで太字フォントを使用しない

MetalLookAndFeelで太字フォントを使用しない

MetalLookAndFeelで太字フォントを使用しないように設定します。

↑10 ↓11

DisabledなJMenuItemのハイライトをテスト

DisabledなJMenuItemのハイライトをテスト

DisabledJMenuItemがハイライト可能かどうかをLookAndFeelごとにテストします。

Nimbusの外観をUIDefaultsで変更する

Nimbusの外観をUIDefaultsで変更する

NimbusLookAndFeelの外観をUIDefaultsを使って部分的に変更します。

JRootPaneにリサイズのための装飾を設定する

JRootPaneにリサイズのための装飾を設定する

JFrame自体の装飾を削除し、JRootPaneにリサイズのためのウィンドウ装飾(透明)を設定します。

JTreeのノードがフォーカス状態になった場合のBorderを変更する

JTreeのノードがフォーカス状態になった場合のBorderを変更する

JTreeのノードが選択されてフォーカス状態になった場合のBorderによる描画をUIManagerで変更します。

JProgressBarのNimbusLookAndFeelにおける不確定状態アニメーションを変更する

JProgressBarのNimbusLookAndFeelにおける不確定状態アニメーションを変更する

JProgressBarNimbusLookAndFeelで使用している場合、その不確定状態アニメーションを変更します。

NimbusLookAndFeelでJComponentのサイズを変更する

NimbusLookAndFeelでJComponentのサイズを変更する

NimbusLookAndFeelを使用している場合、クライアントプロパティを設定することでJComponentの表示サイズを変更することが出来ます。

JOptionPaneで使用するボタンのサイズを揃える

JOptionPaneで使用するボタンのサイズを揃える

NimbusLookAndFeelJOptionPaneを使用した場合、そのJButtonのサイズを揃えるかどうかを設定します。

NimbusLookAndFeelでJTreeのセル選択を行全体ではなくノードに限定する

NimbusLookAndFeelでJTreeのセル選択を行全体ではなくノードに限定する

JTreeのセル選択色で塗りつぶす範囲をNimbusLookAndFeelのデフォルトである行全体ではなくノードのみになるように設定します。