このページでは、画像処理やGraphicsGraphics2Dなどのグラフィック関係の使い方を集めて一覧にしています。

Graphics

RGBImageFilterでアイコンの色調を変更

RGBImageFilterでアイコンの色調を変更

RGBImageFilterで色調を変更したアイコンの用意し、評価用コンポーネントを作成します。

GeneralPathなどで星型図形を作成する

GeneralPathなどで星型図形を作成する

GeneralPathなどを使って星型の図形をパネルに描画したり、アイコンを作成します。

PathIteratorからSVGを生成

PathIteratorからSVGを生成

ShapeからPathIteratorを取得し、このPathSVGに変換します。

JPanelにマウスで自由曲線を描画

JPanelにマウスで自由曲線を描画

マウスをドラッグしてパネル上に自由曲線を描画します。

ColorConvertOpで画像をグレースケールに変換

ColorConvertOpで画像をグレースケールに変換

ColorConvertOpを使って画像をグレースケールに変換します。

MediaTrackerで画像のサイズを取得

MediaTrackerで画像のサイズを取得

MediaTrackerを使って画像ファイルからイメージの幅と高さを取得します。

Timerでアニメーションするアイコンを作成

Timerでアニメーションするアイコンを作成

javax.swing.Timerを使って、アニメーションするアイコンを作成します。

MouseWheelで画像のズームイン・アウト表示

MouseWheelで画像のズームイン・アウト表示

マウスホイールなどで画像をズームイン、ズームアウトします。

Fontを回転する

Fontを回転する

文字のアウトラインを取得して、これを回転してみます。

Jpegファイルのコメントを取り出す

Jpegファイルのコメントを取り出す

Jpegファイルからコメントなどのメタデータ(XML)を取り出してJTreeで表示します。

↑10 ↓11

Shapeの反転

Shapeの反転

AffineTransformで図形や画像を反転して表示します。

AffineTransformOpで画像を反転する

AffineTransformOpで画像を反転する

AffineTransformOpなどを使って、画像の上下反転、左右反転を行います。

BasicStrokeで点線を作成

BasicStrokeで点線を作成

破線パターンの配列からBasicStrokeを作成し、これを描画します。

JTextAreaの背景に画像を表示

JTextAreaの背景に画像を表示

JTextAreaなどのコンポーネントの背景に、Borderを使って中心揃えした画像を表示します。

TexturePaintを使って背景に画像を表示

TexturePaintを使って背景に画像を表示

TexturePaintを使用して背景にタイル状に画像を貼り付けます。

JPanelの背景に画像を並べる

JPanelの背景に画像を並べる

JPanelの背景に画像をタイル状に並べて表示します。

Separatorのグラデーション

Separatorのグラデーション

GradientPaintを使ったグラデーションで、徐々に背景色に溶け込んでいくJSeparatorを作成します。

RandomDissolveで表示を切り替え

RandomDissolveで表示を切り替え

RandomDissolve効果で表示する画像を切り替えます。

JComponentの形状を変更する

JComponentの形状を変更する

マウスカーソルに反応するコンポーネントの領域をJLabelに設定した画像アイコンの不透明領域に合わせて変更します。

Mouseで画像を移動、回転

Mouseで画像を移動、回転

画像をマウスのドラッグで任意の位置に移動、回転します。

↑20 ↓21

PixelGrabberで画像を配列として取得し編集、書出し

PixelGrabberで画像を配列として取得し編集、書出し

画像の配列を取り出すPixelGrabberを生成して、角を透過色で塗りつぶします。

MemoryImageSourceで配列から画像を生成

MemoryImageSourceで配列から画像を生成

マウスのドラッグに応じて線を描画、消しゴムで消去する機能を実装します。

JSliderのスタイルを変更する

JSliderのスタイルを変更する

JSliderのトラックとノブを透明にし、値を半透明の色で描画します。

JProgressBarにUIを設定してインジケータの色を変更

JProgressBarにUIを設定してインジケータの色を変更

JProgressBarのインジケータの色を進行に応じてパレットから取得した色に変更します。

Fontのアウトラインを取得して文字列の内部を修飾する

Fontのアウトラインを取得して文字列の内部を修飾する

クリップを設定することで描画範囲を制限し、文字列の内部を異なる色で修飾します。

Iconを回転する

Iconを回転する

画像ファイルから90180270度回転したIconを作成します。

Iconを生成する

Iconを生成する

Iconインタフェースから固定サイズのアイコンを作成します。

JRootPaneの背景として画像を表示

JRootPaneの背景として画像を表示

JRootPaneの背景として画像を表示しています。

Animated Gifからフレーム画像を抽出する

Animated Gifからフレーム画像を抽出する

AnimatedGifから各フレームの画像を抽出します。

JLayerを使ってJProgressBarの色相を変更する

JLayerを使ってJProgressBarの色相を変更する

JLayerを使ってJProgressBarの色相を緑から赤に変更します。

↑30 ↓31

FlatteningPathIteratorでShape上の点を取得する

FlatteningPathIteratorでShape上の点を取得する

FlatteningPathIteratorを使って平坦化されたShape上の座標点を取得、描画します。

JButtonに9分割した画像を使用する

JButtonに9分割した画像を使用する

JButtonを拡大縮小しても四隅などのサイズが変更しないようにように9分割した画像を使用します。

ConvolveOpでコンポーネントにぼかしを入れる

ConvolveOpでコンポーネントにぼかしを入れる

ConvolveOpを使って、使用不可状態のJButtonにぼかしを入れます。

JPanelに表示した画像のズームとスクロール

JPanelに表示した画像のズームとスクロール

JPanelに表示した画像にAffineTransformによる変換を適用して、マウスを使った拡大・縮小・移動を実行します。

WritableRasterからDataBufferを取得して画像の比較

WritableRasterからDataBufferを取得して画像の比較

2つの画像からそれぞれピクセル配列を取得して比較を行い、完全に一致するピクセルのアルファ値を下げることで違いを強調表示します。

JEditorPaneに読み込んだHTMLを画像に変換する

JEditorPaneに読み込んだHTMLを画像に変換する

JEditorPaneに画像付きのHTMLを読み込み、描画が完了した段階で全体のスクリーンショットを撮る方法をテストします。

JScrollPane内に配置したJPanelをマウスで拡大、縮小、移動する

JScrollPane内に配置したJPanelをマウスで拡大、縮小、移動する

JScrollPane内に配置したJPanelを、マウスホイールを使った拡大縮小と、スクロールバーを使った表示領域の移動が可能になるように設定します。