このページでは、File関係の使い方を集めて一覧にしています。

File

FileをJavaアプリケーションからドロップ

FileをJavaアプリケーションからドロップ

JavaアプリケーションからWindowsのデスクトップなどにFileをドロップします。

Fileのドラッグ&ドロップ

Fileのドラッグ&ドロップ

WindowsなどからファイルをJTableにドラッグ&ドロップします。

Fileの再帰的検索

Fileの再帰的検索

指定したDirectory以下のFileを再帰的に検索し、その進捗状況をJProgressBarで表示します。

Device Nameのチェック

Device Nameのチェック

ファイルチューザーなどで入力されたファイル名が、デバイスファイル名(conprnnulauxなど)を含む不正なパスでないかをチェックします。

BackupFileを番号付きで作成

BackupFileを番号付きで作成

xyzzy風の番号付きバックアップファイルを作成します。

FileのSystemIconを取得

FileのSystemIconを取得

ファイル、ディレクトリなどのSystemIconを取得します。

JTableでファイルとディレクトリを別々にソート

JTableでファイルとディレクトリを別々にソート

JTableでファイルとディレクトリを別々にソートし、ディレクトリが常に先頭になるように設定します。

FileSystemViewを使ってディレクトリ構造をJTreeに表示する

FileSystemViewを使ってディレクトリ構造をJTreeに表示する

FileSystemViewを使ってディレクトリ構造をJTree上に表示します。

JFileChooserを開いたままファイルの上書き警告ダイアログを表示する

JFileChooserを開いたままファイルの上書き警告ダイアログを表示する

JFileChooserで名前を付けて保存する場合、すでに存在するファイルを選択してセーブボタンを押すと上書き警告ダイアログを表示するように設定します。

JTableのモデルをXMLファイルで保存、復元する

JTableのモデルをXMLファイルで保存、復元する

JTableのモデルをXMLEncoderXMLDecoderを使って、XMLファイルで保存、復元します。