概要

JTreeのノード間の接続線のスタイルを変更、または非表示にします。

サンプルコード

JTree tree0 = new JTree();
tree0.putClientProperty("JTree.lineStyle", "Angled");

JTree tree1 = new JTree();
tree1.putClientProperty("JTree.lineStyle", "Horizontal");

JTree tree2 = new JTree();
tree2.putClientProperty("JTree.lineStyle", "None");
view all

解説

上記のサンプルでは、JTree#putClientProperty("JTree.lineStyle", "Angled");などでノード間の接続線のスタイルを変更してます。MetalLookAndFeelを使用している場合のみ、この指定は有効になります。

  • Angled(default)
    • ノード間を接続する水平垂直線を表示する
    • デフォルト
  • Horizontal
    • グループ(親)ノードの上下に水平線のみ表示する
  • None
    • ノード間の接続線を非表示にする

参考リンク

コメント