概要

JTabbedPaneのタブ、タブエリア、コンテンツエリアなどを半透明に設定します。

サンプルコード

Color bgc = new Color(110, 110, 0, 100);
Color fgc = new Color(255, 255, 0, 100);
UIManager.put("TabbedPane.shadow",                fgc);
UIManager.put("TabbedPane.darkShadow",            fgc);
UIManager.put("TabbedPane.light",                 fgc);
UIManager.put("TabbedPane.highlight",             fgc);
UIManager.put("TabbedPane.tabAreaBackground",     fgc);
UIManager.put("TabbedPane.unselectedBackground",  fgc);
UIManager.put("TabbedPane.background",            bgc);
UIManager.put("TabbedPane.foreground",            Color.WHITE);
UIManager.put("TabbedPane.focus",                 fgc);
UIManager.put("TabbedPane.contentAreaColor",      fgc);
UIManager.put("TabbedPane.selected",              fgc);
UIManager.put("TabbedPane.selectHighlight",       fgc);
UIManager.put("TabbedPane.borderHightlightColor", fgc);
view all

解説

UIManager.put(...)を使用して、JTabbedPaneのタブやコンテンツエリアなどに、半透明の色を設定します。

  • 注:
    • Swingのコンポーネントは、背景色が半透明かどうかを判断して再描画しているわけではないため、例えばマウスカーソルの下の領域を再描画するイベントなどで背景色が重複上書きされて、残像が残ったり、次第に色が濃くなる現象などが発生する
    • UIManager.put(...)で半透明になるかどうかはLookAndFeelに依存する
      • NimbusLookAndFeelでは、タブなどが半透明にならない
      • ClassicではないWindowsLookAndFeelでは、半透明にならない

参考リンク

コメント