概要

TableCellRendererを継承するレンダラーを作ってテーブルのセルを修飾します。

サンプルコード

class StripeTableRenderer extends DefaultTableCellRenderer {
  private static final Color evenColor = new Color(240, 240, 255);
  @Override public Component getTableCellRendererComponent(JTable table, Object value,
                           boolean isSelected, boolean hasFocus,
                           int row, int column) {
    super.getTableCellRendererComponent(table, value, isSelected, hasFocus, row, column);
    if (isSelected) {
      setForeground(table.getSelectionForeground());
      setBackground(table.getSelectionBackground());
    } else {
      setForeground(table.getForeground());
      setBackground((row % 2 == 0) ? evenColor : table.getBackground());
    }
    setHorizontalAlignment((value instanceof Number) ? RIGHT : LEFT);
    return this;
  }
}
view all

解説

上記のサンプルでは、以下のようなセルレンダラーを作成し、Objectを継承するクラスのデフォルトレンダラーとして設定しています。

  • 奇数偶数で行の背景色を変更してテーブルをストライプ模様にする
  • 0列のカラムのセルを右寄せ
    • ここでは、TableColumn#setCellRenderer(TableCellRenderer)を使わず、Object.classのDefaultRendererひとつにまとめているため、TableModel#getColumnClass(0)Integer.classを返すようにしている
    • メモ: JTable#setDefaultRenderer(Class, TableCellRenderer)でクラスに関連付けるより、各カラムに関連付けした方が優先順位が高い
table.setDefaultRenderer(Object.class, new StripeTableRenderer());

あるセルが描画されるとき、設定されたTableCellRenderergetTableCellRendererComponentメソッドが呼び出されます。レンダラーは、引数などから得られる情報(選択されているか、何行何列目かなど)を使って、コンポーネントを修飾してからreturnします。

サンプルのTestRendererでは、JLabelを継承するDefaultTableCellRendererを継承しているので、自分自身(this)をsetForegroundsetHorizontalAlignmentなどのメソッドで修飾し直し、さらに自分自身(this)を戻り値としています。このようにコンポーネントを使い回しているため、セルの数が膨大になっても、オブジェクトを大量に生成しなくて済むようになっています。

また、返されたコンポーネントはセルの描画のためだけに利用され、マウスイベントなどは無視されます。


セルレンダラーで色を変更する代わりに、以下のようにJTable#prepareRendererメソッドをオーバーライドする方法もあります。使用するセルレンダラーに関係なく、テーブル全体で前処理することができます。このため、Numberクラス用のデフォルトレンダラーであるJTable$NumberRendererがそのまま使われるので、TableModel#getColumnClass(int)が、Number.classを返すようにしておけば、勝手に右寄せしてくれます。

JTable table = new JTable(model) {
  private final Color evenColor = new Color(240, 240, 255);
  @Override public Component prepareRenderer(TableCellRenderer tcr, int row, int column) {
    Component c = super.prepareRenderer(tcr, row, column);
    if (isRowSelected(row)) {
      c.setForeground(getSelectionForeground());
      c.setBackground(getSelectionBackground());
    } else {
      c.setForeground(getForeground());
      c.setBackground((row % 2 == 0) ? evenColor : getBackground());
    }
    return c;
  }
};

JDK 1.6.0_10以降なら、以下のように設定する方法もあります。

UIManager.put("Table.alternateRowColor", Color.PINK);
  • 注: デフォルトのBoolean用レンダラーの背景色は変更されない
import java.awt.*;
import javax.swing.*;
import javax.swing.table.*;
public class TableAlternateRowColorTest {
  public static void main(String... args) {
    EventQueue.invokeLater(() -> {
      UIManager.put("Table.alternateRowColor", Color.ORANGE);
      String[] columnNames = {"String", "Integer", "Boolean"};
      Object[][] data = {
        {"A", 1, true}, {"B", 2, false}, {"C", 0, true}
      };
      TableModel model = new DefaultTableModel(data, columnNames) {
        @Override public Class<?> getColumnClass(int column) {
          return getValueAt(0, column).getClass();
        }
      };
      JFrame f = new JFrame();
      f.setDefaultCloseOperation(WindowConstants.EXIT_ON_CLOSE);
      f.getContentPane().add(new JScrollPane(new JTable(model)));
      f.setSize(320, 240);
      f.setLocationRelativeTo(null);
      f.setVisible(true);
    });
  }
}

参考リンク

コメント