概要

JTableの行追加や削除をスライドアニメーションで強調します。

サンプルコード

private void testCreateActionPerformed(ActionEvent e) {
  model.addTest(new Test("New name", ""));
  (new Timer(DELAY, new ActionListener() {
    int i = table.convertRowIndexToView(model.getRowCount() - 1);
    int h = START_HEIGHT;
    @Override public void actionPerformed(ActionEvent e) {
      if (h < END_HEIGHT) {
        table.setRowHeight(i, h++);
      } else {
        ((Timer) e.getSource()).stop();
      }
    }
  })).start();
}

private void deleteActionPerformed(ActionEvent evt) {
  final int[] selection = table.getSelectedRows();
  if (selection.length <= 0) {
    return;
  }
  (new Timer(DELAY, new ActionListener() {
    int h = END_HEIGHT;
    @Override public void actionPerformed(ActionEvent e) {
      h--;
      if (h > START_HEIGHT) {
        for (int i = selection.length - 1; i >= 0; i--)
          table.setRowHeight(selection[i], h);
      } else {
        ((Timer) e.getSource()).stop();
        for (int i = selection.length - 1; i >= 0; i--) {
          model.removeRow(table.convertRowIndexToModel(selection[i]));
        }
      }
    }
  })).start();
}
view all

解説

上記のサンプルでは、javax.swing.Timerを使用して、徐々に行の高さを変更することで、アニメーションを行っています。

  • 追加
    • 行を追加したあとで、JTable#setRowHeight(int, int)メソッドを使用して追加された行の高さを変更
  • 削除
    • 選択された行の高さを、JTable#setRowHeight(int, int)メソッドを使用して変更
    • 高さが一定以下になったら、選択されていた行を削除

参考リンク

コメント