概要

任意のShapeとその形に透過色を設定した画像を使ってJButtonを作成します。

サンプルコード

class RoundButton extends JButton {
  public RoundButton() {
    this(null, null);
  }
  public RoundButton(Icon icon) {
    this(null, icon);
  }
  public RoundButton(String text) {
    this(text, null);
  }
  public RoundButton(Action a) {
    this();
    setAction(a);
  }
  public RoundButton(String text, Icon icon) {
    setModel(new DefaultButtonModel());
    init(text, icon);
    if (icon == null) {
      return;
    }
    setBorder(BorderFactory.createEmptyBorder(1, 1, 1, 1));
    setBackground(Color.BLACK);
    setContentAreaFilled(false);
    setFocusPainted(false);
    //setVerticalAlignment(SwingConstants.TOP);
    setAlignmentY(Component.TOP_ALIGNMENT);
    initShape();
  }
  protected Shape shape, base;
  protected void initShape() {
    if (!getBounds().equals(base)) {
      Dimension s = getPreferredSize();
      base = getBounds();
      shape = new Ellipse2D.Float(0, 0, s.width - 1, s.height - 1);
    }
  }
  @Override public Dimension getPreferredSize() {
    Icon icon = getIcon();
    Insets i = getInsets();
    int iw = Math.max(icon.getIconWidth(), icon.getIconHeight());
    return new Dimension(iw + i.right + i.left, iw + i.top + i.bottom);
  }
  @Override protected void paintBorder(Graphics g) {
    initShape();
    Graphics2D g2 = (Graphics2D) g.create();
    g2.setRenderingHint(RenderingHints.KEY_ANTIALIASING,
                        RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_ON);
    g2.setColor(getBackground());
    //g2.setStroke(new BasicStroke(1f));
    g2.draw(shape);
    g2.dispose();
  }
  @Override public boolean contains(int x, int y) {
    initShape();
    return shape.contains(x, y);
    //以下、透過色が0でクリック不可にする場合の例
    //or return super.contains(x, y) && ((image.getRGB(x, y) >> 24) & 0xff) > 0;
  }
}
view all

解説

上記のサンプルでは、JButtonに円形の画像を貼り付けてボタンを作成しています。

  • 円形で同サイズのPNG画像(円の外側が透過色)を3種類用意し、以下のメソッドでJButtonに設定
    • setIcon
    • setPressedIcon
    • setRolloverIcon
  • setContentAreaFilled(false)などを設定して、ボタン自体の描画はしない
  • 推奨、最小、最大サイズを画像のサイズに合わせる
    • ただし、縁の線を描画するため、画像サイズより上下左右1px大きくなるようEmptyBorderを設定
  • containsをオーバーライドして、円の外側をクリックしてもボタンが反応しないようにする
    • このサンプルでは、画像の透過色から円を生成している訳ではなく、画像のサイズから円図形を別途作成
    • 画像の透過色から、クリック可能な領域を設定する場合は、JComponentの形状定義を変更するを参照
  • paintBorderをオーバーライドして、元の縁は描画せずにその幅の線で独自に円を描画する
    • containsで使用した図形を利用

ボタンの揃えを変更するために、JPanelではなく、Boxを利用しているので、JDK 5でもJDK 6と同じように描画するために、Box#paintComponentを以下のようにオーバーライドしています。

RoundImageButton1.png

private final Box box = // JDK 6 Box.createHorizontalBox();
  // JDK 5
  new Box(BoxLayout.X_AXIS) {
    @Override protected void paintComponent(Graphics g) {
      if (ui != null) {
        super.paintComponent(g);
      } else if (isOpaque()) {
        g.setColor(getBackground());
        g.fillRect(0, 0, getWidth(), getHeight());
      }
    }
  };

参考リンク

コメント