概要

マウスをドラッグしてパネル上に自由曲線を描画します。

サンプルコード

class PaintPanel extends JPanel {
  private static final Stroke STROKE = new BasicStroke(
    3f, BasicStroke.CAP_ROUND, BasicStroke.JOIN_ROUND);
  private transient List<Shape> list;
  private transient Path2D path;
  private transient MouseAdapter handler;
  @Override public void updateUI() {
    removeMouseMotionListener(handler);
    removeMouseListener(handler);
    super.updateUI();
    handler = new MouseAdapter() {
      @Override public void mousePressed(MouseEvent e) {
        path = new Path2D.Double();
        list.add(path);
        Point p = e.getPoint();
        path.moveTo(p.x, p.y);
        repaint();
      }
      @Override public void mouseDragged(MouseEvent e) {
        Point p = e.getPoint();
        path.lineTo(p.x, p.y);
        repaint();
      }
    };
    addMouseMotionListener(handler);
    addMouseListener(handler);
    list = new ArrayList<Shape>();
  }
  @Override protected void paintComponent(Graphics g) {
    super.paintComponent(g);
    if (list != null) {
      Graphics2D g2 = (Graphics2D) g.create();
      g2.setPaint(Color.BLACK);
      g2.setStroke(STROKE);
      for (Shape s : list) {
        g2.draw(s);
      }
      g2.dispose();
    }
  }
}
view all

解説

上記のサンプルでは、パネル上でマウスがドラッグされた場合、その軌跡を短い直線でつなぎ合わせることで、曲線を描画しています。

  • 新規Path2Dを生成し、マウスがクリックされた場所を始点(Path2D.moveTo(...))に設定
  • ドラッグされた時の位置を終点(Path2D.lineTo(...))にしてパネルをrepaint()
  • paintComponent(...)をオーバーライドして、上記の直線のリスト(Path2Dのリスト)を描画
  • 次の直線のための始点を現在の終点に変更

参考リンク

コメント

  • マウス右ボタンをドラッグで消しゴム…のテスト -- aterai
  • わからん!! --
  • 直線をPath2Dで保存する方法に変更。 -- aterai