概要

JTreeのノード編集中に割り込みが発生した場合、変更の自動保存を行うかどうかを設定します。

サンプルコード

tree.setInvokesStopCellEditing(true);
view all

解説

JTreeのノード編集に割り込みが発生した場合の動作を変更します。

  • tree.setInvokesStopCellEditing(false);
    • デフォルト
    • 編集に割り込みが発生したとき、JTree#cancelCellEditing()が呼び出され、変更は破棄される
  • tree.setInvokesStopCellEditing(true);
    • 編集に割り込みが発生したとき、JTree#stopCellEditing()が呼び出され、データが保存される

ノード編集の割り込みは、そのJTree内の別のノードがクリックされた場合などに発生します。TabキーなどでJTree以外のコンポーネントにフォーカスが移動したり、親Windowがフォーカスを失っても、割り込みは発生しないため、編集中の状態が維持され、再度JTreeにフォーカスを戻せば編集を再開することができます。

参考リンク

コメント