概要

JInternalFrame間でJTableの行をドラッグ&ドロップを使って入れ替えます。

サンプルコード

private boolean isDropableTableIntersection(TransferSupport info) {
  Component c = info.getComponent();
  if (!(c instanceof JTable)) {
    return false;
  }
  JTable target = (JTable) c;
  if (!target.equals(source)) {
    JDesktopPane dp = null;
    Container cn = SwingUtilities.getAncestorOfClass(JDesktopPane.class, target);
    if (cn instanceof  JDesktopPane) {
      dp = (JDesktopPane) cn;
    }

    JInternalFrame sf = getInternalFrame(source);
    JInternalFrame tf = getInternalFrame(target);
    if (sf == null || tf == null || dp.getIndexOf(tf) < dp.getIndexOf(sf)) {
      return false;
    }

    Point pt = SwingUtilities.convertPoint(
        target, info.getDropLocation().getDropPoint(), dp);
    Rectangle rect = sf.getBounds().intersection(tf.getBounds());
    if (rect.contains(pt)) {
      return false;
    }
    //tf.moveToFront();
    //tf.getParent().repaint();
  }
  return true;
}
view all

解説

上記のサンプルでは、異なるJInternalFrameに配置したJTableの行をドラッグ&ドロップで入れ替えています。使用するTransferHandlerJTableの行を別のJTableにドラッグして移動のものとほぼ同じですが、前面のJInternalFrame内にあるJTableからドラッグを開始した場合、そのJTableHeaderJInternalFrameのタイトルバー上でも、背面にあるJInternalFrameに反応してドロップ可能になってしまうため、TransferHandler#canImport(...)をオーバーライドして、ドラッグ元とドロップ先のJInternalFrameの共通部分では背面にドロップ出来ないように変更しています。

参考リンク

コメント