概要

JTreeにノード追加をした場合、兄弟ノードの展開状態などがどうなるかをテストします。

サンプルコード

DefaultTreeModel model1 = (DefaultTreeModel) tree1.getModel();
DefaultMutableTreeNode parent1 = (DefaultMutableTreeNode) model1.getRoot();
DefaultMutableTreeNode child1  = new DefaultMutableTreeNode(date);
parent1.add(child1);
model1.reload(parent1);
tree1.scrollPathToVisible(new TreePath(child1.getPath()));

DefaultTreeModel model2 = (DefaultTreeModel) tree2.getModel();
DefaultMutableTreeNode parent2 = (DefaultMutableTreeNode) model2.getRoot();
DefaultMutableTreeNode child2  = new DefaultMutableTreeNode(date);
model2.insertNodeInto(child2, parent2, parent2.getChildCount());
tree2.scrollPathToVisible(new TreePath(child2.getPath()));
view all

解説

上記のサンプルでは、addボタンをクリックすると、左右のJTreeのルートノードが持つ子の末尾に新規ノードを追加しています。

  • 左: p.add(c) & m.reload(p)
    • DefaultMutableTreeNode#add(...)メソッドを使用して、親ノードの末尾に子ノードを追加
      • 追加する子ノードが親ノードを持つ場合、その親子関係は削除される(子ノードが持つ親ノードはひとつのみ)
    • DefaultTreeModel#reload(...)、またはDefaultTreeModel#nodeStructureChanged(DefaultMutableTreeNode)でモデルに更新を通知
      • 兄弟ノードの展開状態などがすべて閉じた状態にリセットされてしまう
  • 右: m.insertNodeInto(c, p, p.size)
    • DefaultTreeModel#insertNodeInto(...)メソッドを使用して、子ノードを親ノードの指定した位置に挿入
      • 内部で、nodesWereInserted(...)メソッドが呼び出され、適切なイベントが生成されるので、他のノードの展開状態などは維持される

参考リンク

コメント