概要

GridBagLayoutを使用して、左右の部品のサイズを固定、中央だけは水平方向に伸縮可になるよう配置します。

サンプルコード

public JPanel createPanel(JComponent cmp, JButton btn, String str) {
  GridBagConstraints c = new GridBagConstraints();
  JPanel panel = new JPanel(new GridBagLayout());

  c.gridheight = 1;
  c.gridwidth  = 1;
  c.gridy = 0;

  c.gridx = 0;
  c.weightx = 0.0;
  c.insets = new Insets(5, 5, 5, 0);
  c.anchor = GridBagConstraints.WEST;
  panel.add(new JLabel(str), c);

  c.gridx = 1;
  c.weightx = 1.0;
  //c.insets = new Insets(5, 5, 5, 0);
  c.fill = GridBagConstraints.HORIZONTAL;
  panel.add(cmp, c);

  c.gridx = 2;
  c.weightx = 0.0;
  c.insets = new Insets(5, 5, 5, 5);
  c.anchor = GridBagConstraints.WEST;
  panel.add(btn, c);

  return panel;
}
view all

解説

上記のサンプルでは、GridBagLayoutBorderLayoutのような配置を行っています。GridBagLayoutの場合、各コンポーネント自身が推奨する高さが生かされるように設定します。

  • BorderLayout
    • それぞれデフォルトの高さ(推奨サイズ)が異なるコンポーネントを、BorderLayoutを使って、WESTCENTEREASTに配置すると、一番高いコンポーネントまで拡大
    • CENTERJComboBoxが、EASTJButtonの高さになっている(以下のスクリーンショット参照)
    • MotifLookAndFeelの場合
GridBagLayout1.png
  • GridBagLayout
    • 左右のコンポーネントのサイズはBorderLayoutのように固定して、中央のコンポーネントだけを水平方向にのみ伸縮
    • weightxを指定することで、余分のスペースを各列のウェイトに比例して分配
    • ウェイトが0の場合、余分のスペースはその列に分配されない
    • 左右の列のweightx0.0なので、中央の列のweightxは、0.001でも100.0でも水平方向の余分なスペースすべてが配分されている
    • 垂直方向のスペースは指定していないため、デフォルト値のweighty=0.0となり、フレームのサイズを変更しても、垂直方向に関しては常にコンポーネントの推奨サイズで固定

IDEなどのサポート無しでは、すこし面倒なGridBagLayoutですが、GridBagの使い方1の「紙などにマス目で下書きをしてから、コンポーネントのレイアウトを設計する」方法を使えば、凝ったレイアウトでも理解しやすく、すっきり設計できます。

参考リンク

コメント