概要

指定した行番号がJTextAreaの中で先頭にくるようにジャンプします。

サンプルコード

JButton button = new JButton(new AbstractAction("Goto Line") {
  @Override public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    Document doc = textArea.getDocument();
    Element root = doc.getDefaultRootElement();
    int i = 1;
    try {
      i = Integer.parseInt(textField.getText().trim());
      i = Math.max(1, Math.min(root.getElementCount(), i));
    } catch (NumberFormatException nfe) {
      Toolkit.getDefaultToolkit().beep();
      return;
    }
    try {
      Element elem = root.getElement(i-1);
      Rectangle rect = textArea.modelToView(elem.getStartOffset());
      Rectangle vr = scroll.getViewport().getViewRect();
      rect.setSize(10, vr.height);
      textArea.scrollRectToVisible(rect);
      textArea.setCaretPosition(elem.getStartOffset());
      //textArea.requestFocus();
    } catch (BadLocationException ble) {
      Toolkit.getDefaultToolkit().beep();
    }
  }
});
frame.getRootPane().setDefaultButton(button);
view all

解説

上記のサンプルでは、任意の行番号を指定してEnterキー、またはボタンをクリックすると、その行がJViewportの表示範囲の最上部に配置されるよう表示領域を更新します。

JTextArea#setCaretPosition(int)メソッドによるキャレットの位置変更だけでは、移動先を移動元より大きな行番号にした場合、JTextAreaの下部までしかスクロールしないので、JTextArea#modelToView(int)メソッドで取得した座標が出来るだけ上部にくるように処理しています。

参考リンク

コメント