概要

JDialogJFrameなどを、フルスクリーン表示に切り替えます。

サンプルコード

private void toggleFullScreenWindow() {
  GraphicsEnvironment graphicsEnvironment
    = GraphicsEnvironment.getLocalGraphicsEnvironment();
  GraphicsDevice graphicsDevice
    = graphicsEnvironment.getDefaultScreenDevice();
  if (graphicsDevice.getFullScreenWindow() == null) {
    dialog.dispose(); //destroy the native resources
    dialog.setUndecorated(true);
    dialog.setVisible(true); //rebuilding the native resources
    graphicsDevice.setFullScreenWindow(dialog);
  } else {
    graphicsDevice.setFullScreenWindow(null);
    dialog.dispose();
    dialog.setUndecorated(false);
    dialog.setVisible(true);
    dialog.repaint();
  }
  requestFocusInWindow();
}
view all

解説

上記のサンプルは、JDialogをフルスクリーン表示とウィンドウ表示に切り替えることが出来ます。

  • F11キー、ダブルクリック
    • フルスクリーン表示、ウィンドウ表示の切り替え
  • Escキー
    • アプリケーション終了

フルスクリーン表示とウィンドウ表示を切り替える前に、タイトルバーの非表示、表示もsetUndecoratedメソッドで切り替えていますが、このメソッドを使用する前に一旦disposeしてウィンドウのネイティブリソースを開放しておく必要があります。

  • setUndecorated(boolean undecorated)は、ウィンドウが表示されていない状態の場合のみ、呼び出し可能だが、この「表示されていない」は isVisible()ではなく、isDisplayable()falseの意味なので、dialog.setVisible(false);としただけでは、 Exception in thread "AWT-EventQueue-0" java.awt.IllegalComponentStateException: The dialog is displayable. が発生する

WebStart(署名無し)から実行した場合、タスクバー(Windows)などを消してフルスクリーン化は出来ないようです。

参考リンク

コメント