概要

JDialogJFrameなどを、フルスクリーン表示に切り替えます。

サンプルコード

private void toggleFullScreenWindow() {
  GraphicsEnvironment graphicsEnvironment
    = GraphicsEnvironment.getLocalGraphicsEnvironment();
  GraphicsDevice graphicsDevice
    = graphicsEnvironment.getDefaultScreenDevice();
  if (Objects.isNull(graphicsDevice.getFullScreenWindow())) {
    dialog.dispose(); //destroy the native resources
    dialog.setUndecorated(true);
    dialog.setVisible(true); //rebuilding the native resources
    graphicsDevice.setFullScreenWindow(dialog);
  } else {
    graphicsDevice.setFullScreenWindow(null);
    dialog.dispose();
    dialog.setUndecorated(false);
    dialog.setVisible(true);
    dialog.repaint();
  }
  requestFocusInWindow();
}
view all

解説

上記のサンプルは、JDialogをフルスクリーン表示とウィンドウ表示に切り替えることが出来ます。

  • F11キー、ダブルクリック
    • フルスクリーン表示、ウィンドウ表示の切り替え
  • Escキー
    • アプリケーション終了

フルスクリーン表示とウィンドウ表示を切り替える前に、タイトルバーの非表示、表示もsetUndecorated(...)メソッドで切り替えていますが、このメソッドを使用する前に一旦disposeしてウィンドウのネイティブリソースを開放しておく必要があります。

参考リンク

コメント