概要

JDK 6で導入された機能を使用して、JViewportの高さまでJTableを拡張します。

サンプルコード

JTable table = new JTable(model);
table.setFillsViewportHeight(true);

JScrollPane scroll = new JScrollPane(table);
scroll.setBackground(Color.RED);
scroll.getViewport().setBackground(Color.GREEN);
//table.setBackground(Color.BLUE);
//table.setBackground(scroll.getBackground());
view all

解説

上記のサンプルでは、チェックボックスの選択状態で、JTable#setFillsViewportHeight(boolean)を適用するかどうかを切り替えることができます。

  • getFillsViewportHeight() == false(デフォルト値)の場合
    • 下部の余白はJTableではないため、JViewportの背景色(緑)が表示される
    • JScrollPane、またはJViewportsetComponentPopupMenuしたり、リスナーを設定していないため、下部の余白で右クリックしてもポップアップメニューは無効
  • getFillsViewportHeight() == trueの場合
    • JTableの高さがJViewportの高さより小さい時は、両者が同じ高さになるようにJTableが拡張される
    • JTable#setBackground(Color)で設定した色(薄い黄色)がJTable下部の余白の背景色となる
    • JTable自体が拡張されるため、余白部分を右クリックしてもポップアップメニューが表示される
      • 縦スクロールバーとテーブルヘッダで出来る余白(赤)などはJScrollPaneなので、ポップアップメニューは無効
    • 簡単に余白部分にドロップしたり、空のJTableにドロップすることができる

JScrollPaneJViewportの背景色も以下のように表示されることがあるので、実際に使う場合はtable.setBackground(scrollPane.getBackground())するなどして、すべておなじ色になるようにしておいた方がいいかもしれません。

FillsViewportHeight1.png
  • scrollPane.setBackground(Color.RED);
    • 縦スクロールバーとテーブルヘッダで出来る余白の色
  • scrollPane.getViewport().setBackground(Color.GREEN);
    • 列をドラッグして移動する場合の隙間の色
    • JTable#setAutoResizeMode(JTable.AUTO_RESIZE_OFF)としたときの右余白

参考リンク

コメント