概要

JFileChooserで隠しファイルを表示するかどうかをポップアップメニューから切り替えます。

サンプルコード

chooser = new JFileChooser();
JPopupMenu pop = searchPopupMenu(chooser);
pop.addSeparator();
JCheckBoxMenuItem mi = new JCheckBoxMenuItem(new AbstractAction("isFileHidingEnabled") {
  @Override public void actionPerformed(ActionEvent e) {
    chooser.setFileHidingEnabled(((JCheckBoxMenuItem) e.getSource()).isSelected());
  }
});
mi.setSelected(chooser.isFileHidingEnabled());
pop.add(mi);
view all

解説

上記のサンプルでは、JFileChooser#setFileHidingEnabled(boolean)メソッドを使用して、隠しファイル、隠しフォルダーなどの表示・非表示を設定しています。


  • 初期値は、OSの設定(Windowsなら「コントロールパネル、フォルダーオプション、表示、ファイルとフォルダーの表示」)に従う
Object showHiddenProperty = Toolkit.getDefaultToolkit().getDesktopProperty("awt.file.showHiddenFiles");
System.out.println("awt.file.showHiddenFiles: " + showHiddenProperty);

JFileChooserからJPopupMenuを直接取得することが出来ないので、以下のように子コンポーネントを検索しています。

private static JPopupMenu searchPopupMenu(Container parent) {
  for (Component c: parent.getComponents()) {
    if (c instanceof JComponent && ((JComponent) c).getComponentPopupMenu() != null) {
      return ((JComponent) c).getComponentPopupMenu();
    } else {
      JPopupMenu pop = searchPopupMenu((Container) c);
      if (pop != null) {
        return pop;
      }
    }
  }
  return null;
}

参考リンク

コメント