概要

JTableのセルエディタとして編集可能なJComboBoxを適用し、セルの値の追加などを行います。

サンプルコード

class ComboCellEditor extends AbstractCellEditor implements TableCellEditor {
  private final JComboBox<String> combo = new JComboBox<>();
  protected ComboCellEditor() {
    super();
    combo.setEditable(true);
    combo.addActionListener(e -> fireEditingStopped());
  }
  @Override public Component getTableCellEditorComponent(
      JTable table, Object value, boolean isSelected, int row, int column) {
    if (value instanceof ComboBoxModel) {
      @SuppressWarnings("unchecked")
      ComboBoxModel<String> m = (ComboBoxModel<String>) value;
      combo.setModel(m);
    }
    return combo;
  }
  @Override public Object getCellEditorValue() {
    @SuppressWarnings("unchecked")
    DefaultComboBoxModel<String> m = (DefaultComboBoxModel<String>) combo.getModel();
    if (combo.isEditable()) {
      String str = Objects.toString(combo.getEditor().getItem(), "");
      if (!str.isEmpty() && m.getIndexOf(str) < 0) {
        m.insertElementAt(str, 0);
        combo.setSelectedIndex(0);
      }
    }
    return m;
  }
}
view all

解説

上記のサンプルでは、setEditable(true);としたJComboBoxJTableのセルエディタに設定し、セルの値を追加したり編集したりすることを可能にしています。JTableのCellEditorにJComboBoxを設定で使用しているデフォルトのComboBoxCellEditorとは違い、各行でJComboBoxの所有するアイテムが異なり、またそれらのアイテムの選択位置も保持する必要があるため、TableModelにはDefaultComboBoxModelをモデルデータとして保存しています。

参考リンク

コメント