概要

JListの任意のItemを選択不可にするようなレンダラーを設定します。

サンプルコード

final JList = new JList();
final ListCellRenderer r = list.getCellRenderer();
final Vector disableIndexSet = new Vector();
initDisableIndex(disableIndexSet);
list.setCellRenderer(new ListCellRenderer() {
  @Override public Component getListCellRendererComponent(JList list, Object value,
                   int index, boolean isSelected, boolean cellHasFocus) {
    Component c;
    if (disableIndexSet.contains(Integer.valueOf(index))) {
      c = r.getListCellRendererComponent(list, value, index, false, false);
      c.setEnabled(false);
    } else {
      c = r.getListCellRendererComponent(list, value, index, isSelected, cellHasFocus);
    }
    return c;
  }
});
ActionMap am = list.getActionMap();
am.put("selectNextRow", new AbstractAction() {
  @Override public void actionPerformed(ActionEvent ae) {
    for (int i = list.getSelectedIndex() + 1; i < list.getModel().getSize(); i++) {
      if (!disableIndexSet.contains(Integer.valueOf(i))) {
        list.setSelectedIndex(i);
        break;
      }
    }
  }
});
view all

解説

上記のサンプルでは、カンマ区切りで入力したインデックスのアイテムを選択不可にすることができます。

選択可か不可かはセルレンダラー中で判断しています。このセルレンダラーでは、インデックスが選択不可の場合、オリジナルのセルレンダラーから選択無し、フォーカス無しのコンポーネントを取得し、さらにsetEnabled(false)として返しています。

また、UpDownキーでアイテムの選択を移動する場合、選択不可にしたアイテムを飛ばすように、selectNextRowなどのアクションを変更しています。

参考リンク

コメント