概要

JDK 6で導入されたDesktopを使ってブラウザを起動します。

サンプルコード

if (!Desktop.isDesktopSupported()) {
  return;
}
try {
  Desktop.getDesktop().browse(new URI(href));
} catch (IOException | URISyntaxException ex) {
  ex.printStackTrace();
}
view all

解説

Desktopを使用することで、ブラウザのほかにも、メーラーや拡張子に関連付けられたデフォルトのアプリケーションを起動することが出来るようになります。

このため、OS毎にRuntime.getRuntime().exec(String[])でアプリケーションを切り替えなくても、ブラウザを起動することができます。

参考リンク

コメント