概要

文字に長体をかけたフォントを生成し、これをJTextAreaなどのコンポーネントで使用します。

サンプルコード

Font font = new Font(Font.MONOSPACED, Font.PLAIN, 18).deriveFont(
    AffineTransform.getScaleInstance(.9, 1d));
textArea.setFont(font);
view all

解説

  • 上: JTextArea(condensed: 0.9)
    • 90%の変形をかけた長体のフォントを作成し、JTextAreaに設定
  • 中: GlyphVector(condensed: 0.9)
    • 90%の変形をかけた長体のフォントを作成し、そのFontからFontMetricsGlyphVectorを生成して文字列を描画
    • 一文字ごとに変形する場合は、GlyphVector#setGlyphTransform(idx, affineTransform)を使用する方法もある
  • 下: LineBreakMeasurer(condensed: 0.9)
    • 90%の変形をかけた長体のフォントを作成し、そのFontAttributedString#addAttribute(TextAttribute.FONT, font)で属性付き文字列に設定
    • LineBreakMeasurerTextLayoutで属性付き文字列を描画

コメント