概要

JTableのヘッダからTableColumnModelを取得し、XMLEncoderXMLDecoderを使って、XMLファイルで保存、復元します。

サンプルコード

class TableColumnModelPersistenceDelegate extends DefaultPersistenceDelegate {
  @Override protected void initialize(
      Class<?> type, Object oldInstance, Object newInstance, Encoder encoder) {
    super.initialize(type, oldInstance, newInstance, encoder);
    DefaultTableColumnModel m = (DefaultTableColumnModel) oldInstance;
    for (int col = 0; col < m.getColumnCount(); col++) {
      Object[] o = {m.getColumn(col)};
      encoder.writeStatement(new Statement(oldInstance, "addColumn", o));
    }
  }
}
view all

解説

上記のサンプルでは、JTableHeaderからTableColumnModelを取得し、XMLEncoderXMLファイルに保存、XMLDecoderで復元することで、マウスドラッグによる列の入れ替え、幅の変更、JPopupMenu(右クリックなど)を開いての名前変更などを永続化することができます。

参考リンク

コメント