概要

ClipboardServiceを使ってJava Web Startで動作中のアプリケーションからシステム全体の共有クリップボードにアクセスします。

サンプルコード

private ClipboardService cs;
view all
try {
  cs = (ClipboardService) ServiceManager.lookup("javax.jnlp.ClipboardService");
} catch (Throwable t) {
  cs = null;
}
JTextArea textArea = new JTextArea() {
  @Override public void copy() {
    if (cs != null) {
      cs.setContents(new StringSelection(getSelectedText()));
    }
    super.copy();
  }
  @Override public void cut() {
    if (cs != null) {
      cs.setContents(new StringSelection(getSelectedText()));
    }
    super.cut();
  }
  @Override public void paste() {
    if (cs != null) {
      Transferable tr = cs.getContents();
      if (tr.isDataFlavorSupported(DataFlavor.stringFlavor)) {
        try {
          getTransferHandler().importData(this, tr);
        } catch (Exception e) {
          e.printStackTrace();
        }
      }
    } else {
      super.paste();
    }
  }
};

解説

Java Web Startから起動された制限付きのランタイム内で動作中するアプリケーションからは、システム全体の共有クリップボードにアクセスすることができないので、ServiceManagerからClipboardServiceを取得し、コピー、ペースト、カットなどでセキュリティ警告ダイアログを表示して、ユーザーにアクセス許可を求めます。

  • アプリケーションのクリップボードするカット
    • セキュリティ警告でOK、取り消しのどちらを選択しても、JTextAreaの選択文字列はカットされ、アプリケーションのクリップボードは上書きされる
  • システム全体の共有クリップボードするカット
    • セキュリティ警告でOKを選択するとシステム全体の共有クリップボードは上書きされ、取り消しを選択すると上書きされない

参考リンク

コメント